FX成功に繋がる
財務の話

財務省

財務省は日本の政府によって行われる行政機関の一つになっており、様々な国の財産を効率的、かつ持続的に活用して財政への転換を行うことなどによって民間の需要が主導となる経済成長を実現し、国を安定させることを目指しています。

主な行政の内容は、財務省設置法第3条によって、「健全な財政の確保」、「適正かつ公平な課税の実現」、「税関業務の適正な運営」、「国庫の適正な管理」、「通貨に対する信頼の維持及び外国為替の安定の確保を図る」ことを任務としています。

分かりやすく言えば、財務省では日本の国の金銭の流れを適正に調整することを目的とした活動を行っており、私たちの生活を安定させるために、様々なことを行っています。

例えば、道路や河川などを整備するために公共事業が行われますが、これを行うための計画を立てて予算を決定し、その計画と予算が最適かどうかを調査し、判断を行っています。

また、実際に公共事業がとり行われれば、この事業が予算道理に適正に進行しているか、予算に対しての過不足が存在しているかどうかを調べ、公共事業が終了したのちにも、そのメンテナンスなどの維持費のための予算案の作成や、災害などで破損した場合には、その修繕のための公共事業を速やかに行うことなどを行っています。

財政の確保という面においては、国会などで議論を行うため、国の財政をまかなっている税金の仕組みを考えて原案などを作成し、適正に財源が確保できるように調整を行っています。

このほかでは、国が建設した国有財産である建造物に対して、これが適正に利用されているかなどを調べ、是正を行ったり、利用されていないものに対しては、民間に払い下げをしたり貸し出したりすることで、余っている財産を適正に運用していきます。

また、経済の安定化を目指し、他国との経済的な連携が適正に行えるように協議を行ったり、国家間で物や金銭が流入出する貿易の管理や規則の決定などを行い、偽ブランドの商品や、麻薬、拳銃などといったものが、国内に入ってこないように監視を行い取り締まるなどの業務も行っているのです。

このような事を執り行いながら、財務省では少子高齢化や国際化などによって常に変化していく経済社会に対応するよう、その財務にかかわる行政を臨機応変にかつ的確に行っていくことを目的とし、また、民間ではなかなか対応できない事業分野などに対しても、公共事業などを行い、私たち国民の生活が安定するよう努めているのです。

2016 All rights reserved at cr4.jp