FX成功に繋がる
財務の話

財務諸表

財務諸表とは、財務会計によって作成される決算書の事であり、主に企業が株主や債権者などの利害関係者に対して、一定の期間の企業の経営状態を開示し、明らかにするために用いられるものになります。

これにより、利害関係者は企業の経営を知ることができるようになり、例えば株主であれば、この財務諸表によって企業に成長を見ることができれば、企業の業績などが評価され、その価値を大きく上げる事にもなります。
このように、財務諸表とは、企業にとってもそれを取り巻く利害関係者にとっても、非常に重要なものになるのです。

日本の会計基準では、財務諸表には貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、株主資本等変動計算書が財務諸表に含まれます。

貸借対照表とは、企業が事業を行うための総資本をどのように集めて、それをどのような形で資産として保有しているのかを示した表で、対照表であるために、表の左右にそれぞれ、資産を向かって左側、負債や資本を表した総資本を右側に表したものになります。

損益計算書とは、その企業の一つの会計期間での経営成績を表した決算書になります。
企業の経営成績のちの、収益と費用を対比し、その利益を差額として示します。
簡単に言えば、一定の期間ごとにどのぐらい利益が出たのかを表すものになり、この損益計算書を理解することで、企業が稼いだ利益がどのぐらいだったのか、という事を知ることができるのはもちろんですが、その稼ぎを出すために支払った費用や、その稼ぎなどんな種類のものであるのかという所まで知ることができるのです。

キャッシュフロー計算書とは、会計期間での資金の増減である収入と支出を、営業活動、投資活動、財務活動という分野ごとに区分して表支持たものになります。
このキャッシュフロー計算書に求めるべきところは、企業内のお金の流れで会社の実態をあわらすことができるという事で、このキャッシュフロー計算書を分析することによって、お金が企業内部でしっかりと回っているのかという事を知ることができ、会計期間中にお金の流れがどのようになっていたのか、などを読み解くこともできます。

株主資本等変動計算書とは、その企業が会計期間のあいだに利益を何に使ったのかということを示すものです。
企業が得た利益は、企業の資本元である株主と経営陣が決めることができるため、この株主資本等変動計算書を読み解いていくことによって、経営陣と株主との関連性を知ることができます。
例えば、利益を配当金に多く使っているようであれば、この企業は株主を大切にする傾向があるという事が分かりますし、利益を使わずに余剰金として積み立てているようであれば、この企業は貯蓄を行うしっかりとした企業であるという事が分かるのです。

このように、財務諸表を読み解いていくことにより、企業の経営状態が分かるようになっているのです。

2016 All rights reserved at cr4.jp