FX成功に繋がる
財務の話

財務資格

企業においては、財務の業務内容は、企業の経営にも大きく関わるものであるために、常に高い能力を備え続けることを求められます。

会社の内外に流入、流出する利益、損失、負債などの状況を的確に判断し、その対応策や打開策を練り上げて、経営側に報告をし判断を仰ぐという財務の業務がなくては、企業は業績を上げるための資金調達もできませんし、抱えている世所資金を運用することもできなくなってしまいます。

こうしたことから、財務を担当するためには、簿記や税理士、公認会計士などの資格を持っていることを企業から要求されることがあり、もちろん、資格がなくとも業務を行うことができますが、こうした財務資格を持つ事により、より高い役職に就くことが可能であったり、また、給与面でもより有利な待遇を受けることができるようになるのです。

財務の業務を行うためにまず必要になる資格は、簿記になります。
簿記は様々な仕事にも生かすことができるために、取っておくと大変に有利な資格ですが、特に財務の業務を行うためには必要になるでしょう。

会社で仕事をするのであれば、帳簿を読み取る能力や知識はとても有効的なもので、簿記の知識があれば、業務の内容をよりしっかりと理解することができ、様々な方向から自分の仕事を客観的に捉えることもできるために、自分自身にとっても有益なものとなるはずです。

公認会計士の資格があれば、財務書類が適切なものかどうかを判断する監査を行うことができるようになります。
この監査という業務は、公認会計士氏ができないために、財務を行うのであれば絶対的に有利な資格であることは間違いないでしょう。

また財務以外においても、企業の合併や吸収、買収などが行われる際にも、公認会計士の力が求められることになるために、常に周囲から求められる資格と言えます。
公認会計士の資格を取得するためには、かなりの難関を突破しなくてはならず、その合格率も低い資格であるために、公認会計士としての価値も常に高く保たれているために、この公認会計士の資格を持っていれば、財務の業務で大きな力を発揮することができるのです。

税理士は、税務を専門的に取り扱うことができる資格であり、財務の業務においても大きな力を発揮する資格の一つになります。
企業にかかわる税制の設定は非常に複雑であり、また頻繁に改正がなされるために、多くの企業では税務に関する事柄は、外部の税理士に委託をすることがほとんどです。
こうしたことから、財務に限らず企業からは強く求められる資格であり、財務でもその力を余すことなく使うことができます。

また、こうした簿記や公認会計士、税理士といった資格の他にも、ファイナンシャル・プランニング技能士や、英文会計検定、証券アナリストなどの資格を持っていると、財務においては有効的な能力を発揮することができるでしょう。

2016 All rights reserved at cr4.jp