FX成功に繋がる
財務の話

財務レバレッジ

財務レバレッジ(financial leverage)とは、銀行での借り入れや社債の発行んどを梃子に見立てて、企業の自己資本が、他からの資本に対して何倍の資産を作ったかということを表す値になります。

この財務レバレッジの比率は「債務比率」または「ギヤリング比率」と呼ばれることもあり、その企業の経営の健全性や安全性を見るための数値の一つとされて、返済をしなくてはならない他から提供された資本が、返済をしなくても良い自己資本でカバーできているのかを示しています。

財務レバレッジは、レバレッジ比率(%)=(他人資本÷自己資本)×100で表され、この財務レバレッジの数値が、100%を下回っている場合には、その企業の財務は安定していると判断することができ、また、この数値が低ければ低いほど、他からの資本金の借り入れが少ないという事になるため、返済が少ない企業であるということが判断できるとされています。

この財務レバレッジの数値は、自己資本比率の逆数となっており、この数値を見ていく事で、企業の経営の状況を判断することができます。
先ほどの通り、この財務レバレッジの値が低ければ、他からの資本金の借り入れが少なくなるので、返済を必要とする要素を持たない企業と判断できます。

また、この財務レバレッジの値が高い数値であれば、自己資本金よりも、他からの資本金の借り入れ、つまり銀行などの金融機関からの借り入れを積極的に活用して、豊富な資金を使って事業を行えることになります。

このようにして、借り入れを積極的に利用して、大きな資金を用いて事業が行われれば、そこから効率的に利益を取り出していくことが可能となり、結果として企業の経営や事業展開が前進していく事になり、その企業の状態が良好であるという判断をすることが可能になるのです。

もちろん、これの他からの資本金の借り入れが行き過ぎてしまい、自己資本よりも大幅に借入金が多くなって総資本が膨らんでしまうような事になれば、その借入金の利子の負担などが増加してしまうために、返済や金利負担によって、せっかく事業の活性化によって得られた収益性を引き下げ、企業運営のための資金繰りを圧迫してしまうこともあるのです。

このようなことから、財務レバレッジを用いる事によって、その企業の事業の規模を知ることができるため、負債を使ってどのように運営をしているのかを判断するとになどに用いられています。

2016 All rights reserved at cr4.jp