FX成功に繋がる
財務の話

財務会計

財務会計とは、企業における会計業務の一種になり、企業外部に対して開示されるため、公式な会計の情報などを取りまとめる事になります。

会計とは、金銭の出入りを記録する事を差しており、企業などにおける会計の中には、管理会計というものと、財務会計というものが存在します。

この二つのうち、管理会計は会社の内部に開示することを目的に行われる会計のことで、売上やコススト、利益などの管理や分析を行います。
この管理会計を経営者や運営の管理者などが見て、会社が現在どのような状態であり、今後どのようにしていけば良いのかなど、経営方針を立てる場合などに利用されます。

これに対し、財務会計とは決算書などの会計情報を、株主や債権者、財務署などに対して開示したり、提出することを目的とした会計になります。

企業が運営されていく上では、様々な関わり合いがありますが、株を購入し企業に資金を提供する株主や、債権をもって器用に資金を貸し与える債権者は、企業の業績を成長させ、経営を継続していくためには必要不可欠であり、この財務会計は、主にこの株主と債権者に対して企業の経営の状態を開示するためのものであると言えるのです。

財務会計の開示は、財務諸表などの決算書を基にして行われ、この決算書には、会計期間における企業の資産や負債、純資産の状態をまとめた貸借対照表や、同じく会計期間での企業の経営の成績を表す損益計算書などが含まれます。

こうした財務会計の開示には、主に二つの機能があり、そのうちの一つは情報提供機能と呼ばれています。

財務会計は、企業をめぐる利害関係者に対して、企業の経営に関する情報を提供することを目的として行われます。
企業に対して株を購入して資金を提供する株主などは、その株を所有する事によって得られる配当金や、株を売買取引する事によって得られる利益などを求めて投資を行っています。

こうした株主にとって必要な情報を提供するのが財務会計の機能の一つになり、投資家たちは、この財務会計によって開示される企業の財務状況をもとにして投資の判断を行なっているのです。

財務会計の昨日の二つめは、企業と利害を持つ者の間における利益や利害の関係性を保つための、利害調整機能と呼ばれています。

企業は、株主や債権者になどの資金の提供を受け、経営者や経営陣が業務を執り行って利益を生み出していくことを目的としています。
こうしたことから、経営陣は株主や債権者のために利益を最大化しなくてはなりませんが、時にその判断などを誤ることもあります。
こうしたことを未然に防ぐために、企業の経営に状況のわかる財務会計に基づく報告が必要になるのです。
また、企業から共に利益を得る株主と債権者の間において、その利益の分配などにおいての判断の材料として財務会計が用いられることもあります。

2016 All rights reserved at cr4.jp