FX成功に繋がる
今さら聞けない財務の話

財務分析

財務分析とは、企業などが行う財務会計によって作成される財務諸表、決算書などを読み解き、その企業の経営や運営がどのような状態になっているのかを分析することを指します。

企業が作成する決算書は、その企業の様々な情報が記されており、例えば事業を執り行ったことによってどれほどの利益があり、借入金がどのぐらいであるのか、自己資本はどのぐらいあるのか、現在の事業資産はどのぐらいなのか、といった事が分析を行うことによってわかるようになっています。

決算書はいわば企業における通信簿のような役割をしており、財務分析によってこれを見ることにより、企業の問題点や、今後の方針に掲げるべき課題、現在での利点や強みなどを知ることができます。

また、財務分析を行うことで、社会におけるその企業の価値を分析することもでき、例えば同じ業種の中にあって、その企業がどれほどの価値を持っているのかなどが分かるために、これを知ることによって株式市場などで売買される株価が適正な価格であるのか、割安なのか、割高なのかを分析することも可能です。

決算書から読み取れる企業の情報は膨大であり、これをどのような方向や意図をもって分析していくのかによって、収益性分析、安全性分析、成長性分析、効率性分析など、様々な分析の仕方が存在します。

収益性分析は、決算書である損益計算書の売上高と、貸借対照表の総資本等を比較して行う分析になります。
損益決算書とは、企業が一定の期間にどのぐらいの利益を上げたのかという事を表した決算書で、貸借対照表とは、企業が事業を行うための総資本とそれをどのように資産として保有しているかなどを表した決算書になります。

この二つの決算書を比べて分析することにより、企業の売上高に対して利益がどのぐらいあるのかという利益獲得能力などを知ることができ、中でも、当期純利益を総資産で割った値から導き出される総資本利益率(ROA/Return On Assets)を知ることができれば、その企業の能力を図ることができます。

この総資本利益率の値が高い企業は強い収益力があるために売上高の利益率が優秀であり、また資本に対する効率が高いために、効率性の良い資本運用を行い、適格に売上高に結び付ける力をもった企業であるという事が判断できるのです。

また安全性分析では、貸借対照表の資産と負債と資本の金額を比較して、その企業の倒産の危険度や支払い能力の強さ、経営の安定性などを分析することができ、成長性分析では、複数年度の損益計算書を比較し伸び率を見ることによって、売上高や利益水準の変化を分析するなど、財務分析では決算書を元に企業を様々な方向から分析していくのです。

2016 All rights reserved at cr4.jp