FX成功に繋がる
財務の話

財務アプリ

企業や国が行う財務は、自分たちの持っている資産から経営などの見通しを立てて、金融機関に交渉したりなどをして資金を調達する業務や、持っている資産を投資などで運用して増やしていく業務、また、資金の流れを管理して経営側に伝えて予算計画などを立てるなどの業務を行います。

こうしたものを日々の私たちの暮らしの中に落とし込んで考えた場合、もっとも身近な財務管理といえば、家計簿などのをつけて自分たちの資産を確認し、どのようにそれを支出していくのか、または運用していくのかという事になります。

このような家庭での財務管理を行う場合、最も一般的で有効的なものは家計簿になるでしょう。
労働の対価として得られる収入から、保険料やローン代金などの支出を差し引きし、残った残高から生活費や交際費、蓄財などに回していなどのことをしていくのですが、こうした家庭を中を流れていくお金を記録していくものが家計簿になります。

この家計簿をめぐる状況は、現在の大きく様変わりを始めており、従来のようにノートや専用の家計簿帳などをつけるという方法から、スマートフォンなどのモバイル機器のアプリを使って家計簿をつける方法へと変わりつつあるのです。

こうした家計簿帳をつけるアプリを利用して、お金の流れの管理を行っている人たちも多くあり、日々の生活の中に常にそばにあるスマートフォンを利用して、合間の時間などを利用し、賢い財務管理を行なっているのです、

このような家庭の財務を助けるアプリには、これまでの家計簿帳とは大きく異なった性能を持っているものが多くあります。

例えば、スーパーやコンビニエンスストアなどでの買い物の際に受け取るレシートを、スマートフォンのカメラで画像撮影するだけで、何を買ったのかなどまで細かく分けて記録してくれるものがあり、こうしたアプリを利用すれば、一つ一つの項目を入力する手間を省いてくれます。

また、銀行やクレジットカードの利用をリンクさせることができるものでは、口座の入出金の管理なども自動的にアプリに反映されるために、記入ミスや記入忘れといったことが起こらず、常に最新の正確な家系状態がわかります。

これをさらに進めて、証券取引の状況やネット通販など購入履歴なども自動的に紐付けする機能を持ったものもあり、まさに家庭の財務管理をアプリが引き受けるという形になってきているのです。

また、企業などでも使える財務アプリもでており、こうしたものを使えば、貸借対照表や総資本経常利益なども簡単に計算し表示してくれるだけで開く、過去年の履歴を閲覧したりすることも可能であるために、財務担当部署を置いていない中小企業などでは大きな力を発揮するのです。

2016 All rights reserved at cr4.jp